omachi.jpg

MIASAOMACHI

back
tokiooda.jpg

小田
​時男

Tokio Oda : It's been 40 years since I started working with wood.

I have learned so many things from this work and this material. For example, I have realized that in the relationship between nature and humans, we are from the forest. Also I strongly feel the problems which derive from the changes in human society over time. In other words, the wood conveys the messages, memories, and warnings from nature to humans.

Mendocino is surrounded by the deep redwood forest.

The forest is consists of many groups of woods which stand in a circle. In each group, woods stand by each other like a family. This is because when  old wood ages over hundreds and thousands of years and becomes rotten, baby trees grow around the old tree and form a circle. This is called a redwood circle, like a family, and then becomes a forest of many family member trees. I have heard that the native people who had lived for a long time in this area benefited from the forest and held important meetings in center of the circle. 

I am reminded of the reasons that the forest and various livings exist when I think of the relationship with family and others, whose connection to each other is becoming weak.

 木を使う仕事を始めて、40年。その間に、この仕事と素材である木から学んだことが数多くある。たとえば、自然と人々との関わり方の中に森から多くの恩恵を受けていることや、同時に時代と共に変化する人間社会に寄って生じる問題点などを意識させられる。。つまり、木は自然からのメッセージや記憶、そして警告を私たちに暗示する。

 メンドシーノ周辺は、深いレッドウッドの森に囲まれている。そして、その森はサークル状になったたくさんのグループで形成されている。そのグループ一つ一つには、木々たちがまるで家族のように立ち並ぶ。つまり、数千年、数百年のサイクルで1本の巨大な老木が朽ち果てると同時に、その周りには幼木が育ち、中心に円を描いたような形で幼木が立ち並ぶようになる。これが一つの家族(レッドウッドサークル)であり、やがてはたくさんの家族で形成された大きな森となってきた。この地に大昔から暮らしていたネイティブの人々は、その森の恩恵を受けながら、大切なことを決めるミーティングは、そのレッドウッドサークルの中で行われたきたそうだ。

 現代社会の中で希薄になりがちな人との関わり方や家族や友人との絆を思う時、森や様々な種の木々が示すその存在の意味をもう一度、考えみたい。

THE TAKU
THE TAKU

拭き漆 170 cm x 80 cm x 30cm

press to zoom
HANAKAKE
HANAKAKE

タモ杢

press to zoom
HANAIRE
HANAIRE

胡桃杢、桜杢

press to zoom
THE TAKU
THE TAKU

拭き漆 170 cm x 80 cm x 30cm

press to zoom
1/4

click photo